共働き&猫2匹&子ども2人と京都生活。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
暫く悩む事にしました。
にほんブログ村 子育てブログへ

一個前の記事で、本当にたくさんの素敵なコメントありがとうございました。
ひとつひとつ大切に読んで、今でも反芻しては考えています。
来月頭に、進級についての説明を含めたクラス懇談会があるので、私はそこで相談してみようかなぁと思ってます。

IMG_1589_2.jpg
(きのこ~と、言いながら。)

ただ、、
考えて考えて、悩めば悩む程、
「子どもだし、仕方なくね!?」とか「そのうち仲良く遊べるっしょ。」といく気持ちもどんどん広がるし、
「何か問題を実は抱えているのか・・?」と、闇を覗いてしまったりと、ぐーるぐーるぐーるです・・。致命的なのは、私がそこに居ない事。
そして先生も、人の子どもを預かっているという責任があっての事。
親同士が居る場所で起きた事と、一緒と捉えるのは難しいと感じた。だって、本人と第3者とで繰り広げられた事だし、私たちは親というだけで、その場には居ない。娘にとってみたら、「先生にその話を聞いて、私を叱ったママちゃん。何も知らないくせに!」となるんじゃなかろうか。

娘はこれからきっといっぱい学ぶ。園で、人と過ごすという事や、人の痛みや不条理さも。

どうしてあの子は私を叩いて、私は痛くて泣いたのに、先生は私が叩くと私を怒るの?
あの子がおもちゃを取ったから、私も別の子から取った事は、悪いことなの?
お顔をぎゅーっとしちゃいけないのはなんで?

娘が出来るだけ「イヤな思いをしないで生きてほしい」とは思わない。
不条理をどう受け止めるだろうと、考えても、人生はそれらを無視して積み重ねる事は出来ない。

IMG_1607_20100222204621.jpg

あの子は今まで、毎日どこかに傷を作っていた。
噛み後、引っ掻き傷、たんこぶ、色々。だけど私は「仕方ないよ。」と思えていたし、いつか娘もやってしまうんだ、いや、もうやってるのかもしれないんだ、と思ってた。

先生はきっと、こういいたかったはず。

園では、その行為を叱る。
だから、家でもそうして下さい、と。

それが、相方フィルターを通してしまったので、私は腑に落ちない気持ちになったのだと。
同じだけ注意されてるママさんは周りにいっぱい居るはずだ。

出来る事は毎日爪の長さを確認して、切ってあげる事くらいです。
闘え、とは言わない。強い、弱い、という言葉は使いたくない。
だけど、弱音を私に吐いて欲しいよ、娘。

にほんブログ村 子育てブログ 保育園児育児へ
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

わたしもコメントのあと良く考えて、おもった!

親がそこにいるのといないのじゃ全然ちがう!

で、わたしは、はっきり言ってほぼ100パーセント、いてあげれているから、べべもまだそんなに不条理さを感じていないんだと思う。

これで、保育園なり幼稚園なりにすぐはいったら、同じようにストレスをためたりしてしまうんだろうな、ちいさいながらも。

もちろん、お友達とあそべて楽しい事はいっぱいあるんだろうけど。

それでも、わたしは年中さん(五歳?)から幼稚園だったから、すでに周りの子もわたしも、していい事と悪い事をちゃんと教育されてきており、あんまり不条理さに遭遇はしなかったと思う。

はやく保育園いれちゃいたい~、なんて言ってたけど、いっしょにいつもいてあげて、この本を今読め、といわれればよんであげれて、散歩に行きたい、といわれればすぐ連れて行けるこの環境って、ぬくぬくなんだなあ、と思いました。

だからこそ、わたしはゆっくりと、わたしが親にしてもらっていたように教えていくべきなんだなあ、と。

そんで、話は前にもどって、パンに色々挟む話。

やすこがそういうところで、愛情をあたえるのは全然いいんじゃないの、やっぱ?

べつに、子供にとってはどっちがいいとかわかんないけど、自分が満足することも大事だと思うな。

わたしは、とにかく、本。
本だけは、何をしてても、読めといわれたら断らない。

それはなぜだかわからないけど、そういうものみたい、自分の中で。

あつこ | URL | 2010/02/22/Mon 21:17 [編集]
保育園、あるよね、不条理。

わたしが覚えてる中でも一番悔しかったこと書いてもいい?
5歳児クラスだった時にね、クラスでいちばん泣き虫だった男の子が、お母さん手作りのパーマンの布地のパジャマバッグ持ってきたの。で、おやつの後にわたしが床に置いてあったそのバッグの端っこを気づかずに踏んじゃったらしいのね。
で、その男の子が「ケイコちゃんが踏んだ!」って大泣きして。

その時、クラスの先生は教室内の水道で歯磨きしながら鏡越しにそれを観てて、「ケイコちゃん、〇〇くんにあやまりなさい」って言ったの。わたしはそれで初めて自分が踏んだことに気づいてて、その子に「ふんじゃってごめんね」って謝ったんだけど、その子はまったく泣き止まない。で、運悪く先生は口をゆすいでいてわたしが謝ったところを観ていなかった。

で、わたしがその場を離れて別のコーナーにいたら、歯磨きを終えた先生に腕をつかまれて、廊下に引きずり出されて、「どうして謝らないの!」って大声で叱られたの。びっくりしたのと、迫力負けしたのとで、「ちゃんとあやまったよ」って言えなかった。「〇〇くんが大事にしてるのわかるでしょ?なのに謝らなかったのね。」って言われて、廊下に立たされたの。

ひとりで廊下でもう悲しくて、くやしくて、でもそれをどう言葉にしたらいいのかわからなくて、あの子はわたしが謝ったことをどうして先生に言ってくれないのかなぁって、先生はわたしが謝らないような子だと思ってるんだなぁって思いながら、教室から聞こえるみんなの遊んでる声を聞きながら、廊下に立たされてた。

で、止めを刺したのは、お迎えに来た実家のお店で修行中の男の子が帰り道に言った「おこられて、立たされてたね」の言葉。本当は違うのにってずーっとずーっと思いながら立たされてて、やっと現れた味方にまでそんな風に言われて、5歳児ながらに何を言っても無駄だな、だれも判ってくれないんだなって思ったのよー。

今でもその悔しさをそっくりそのまま思い出せるくらい。
でもそんなことの連続だったのがわたしの保育園の思い出なんだよなぁ。
長文失礼しました…。
ケイコ | URL | 2010/02/22/Mon 23:30 [編集]
思わずコメントします
はじめまして。いつも楽しく読ませていただいていました。
私もまもなく2歳3ヶ月の息子がいます。
今回の件、悩まれているようで思わず初コメさせていただきます。

まず、お友達の顔をギューとやってしまうこと。きっと娘ちゃんなりの理由があってのことでしょうが、やっぱりやってはいけないことだというのは根気強く教えてあげないといけないと思います。もちろんその場を見たときだけ。

息子の一番のお友達(女の子)がやっぱりやっちゃうんです。息子がやられる側なんですけどね(笑)
見ていると息子が使っているおもちゃが使いたいとか、自分の椅子に勝手に座った、とかちゃんと理由があるので、その場を見た時はそのコのママも私も「○○したかったんだねー。でもお顔ギューはダメ!ホラ痛くて泣いちゃっているよ。かしてって言えばいいんだよ」と気持ちを汲みつつ叱り、別の表現方法を教えてあげています。

そして園でのことは、息子の保育園の面談で言われたことなのですが、『家では正義を教えてあげて下さい。でも保育園ではやはり保育者が全員の全てを見られないので、本当はどちらが悪いかわからないことが正直あります。そういう中で「自分は悪くないけど、今は自分が我慢しなくちゃいけないんだ」など少しずつ不条理も含めた社会を学んでくれればと思います』と言われました。本当は家で親が一緒にいる状態が保育園でもできるのが理想ですが、それは無理。なので私が言われたように家と保育園を別の学びの場として考えてみてはいかがでしょうか?(生意気言ってスミマセン)

息子もやっぱり傷を作って帰ってきて「○×ちゃんガブたった」とか言いますが、その場を見ていないので「そうかー痛かったねー。ママが痛いの飛んでけしてあげるからもう大丈夫だよ!」と言って思いっきりなぐさめてあげてます。そして息子が家でいけないことをしたら厳しく叱っています。その場を見た時にしっかり叱る、それでいいのではないでしょうか?
私は今は何があってもママは味方、いつも守ってあげるから大丈夫、という気持ちをたくさん伝えてあげようと思っています。

ギューとやってしまうこと事態は心配しなくて大丈夫だと思いますよ。息子はそのお友達にだいたい毎回泣かされますがそのコのことが大好きで、この前買い物に行ったらピンクのハート柄の靴下をそのコにあげるんだと言って買わされましたよ(笑)息子の保育園でもやってしまうコいますし、この月齢ならではの表現なんじゃないかと思います。

初コメなのに長々と失礼しました。こんな考え方の人もいると思っていただければと思います。
これからも娘ちゃんの成長を楽しみにしています。
くろとも | URL | 2010/02/23/Tue 11:17 [編集]
相方さん経由だったのも、yasuconさんが色々悩んでしまう結果になった
要因のひとつでしょうねー。伝言ゲームじゃないけど、やっぱり間に1人挟む
だけでニュアンスって全然違ってきますもんね。
直接聞いていれば、引っかかる事はその場で聞けたでしょうし、そこですぐに
解決した問題だったんじゃないかな、と思います。
「子どもだし、仕方なくね!?」が正解だと思います。今時点で親が何を言おうと
どう教えようと、まだ難しいものがあるんじゃないかなぁ。
あまり考え過ぎないでくださいね!
私も一応注意された日はちょっと悩むんですけど、次の日には忘れてますw
トモ | URL | 2010/02/23/Tue 12:44 [編集]
私には経験もないので感想になっちゃうのですが、、
保育園生活、いろいろあるんですね。
今はまだわからないけど、ハルも集団生活に入ったら
いろいろな事があるんだろうな~と思います。
デデーンと身構えておきたいなと。

きのこポーズ、ナイスです!
最近きのこブームなハルにさっそく伝授してみますw
そして、躊躇のないパンのかじり方、一緒だー。
毎回どこからかじるのか、ワクワク見てたりします。
アユゲ | URL | 2010/02/23/Tue 15:35 [編集]
あつこ
何かあったら親がなんとかしてくれるでしょう、そう思ってるはずなんだよね、いくら赤ちゃんでも。それが出来ないから手が出やすいんではないかなぁと、甘く見ているけども。
ストレスと捉えるには難しいというか、「我慢を覚える」と捉えた方が本人にもいいのかなぁと思う。居心地の良い状態なんて、ずっと続かないし、その状態をいつでも与えられる訳ではないもんね。
パン問題は、本人がそう食べたいと言うので、そうしてます、今のところ・・。面倒じゃないからいいんだけどね。友達の言う事も一理あるなぁと思ってるけどね。

ケイコ
そう、何があってもどんなに我が子が悪者だったとしても、親だけは味方でいるべきなんだよね。私もそう思うんだ。
そうじゃなかった気持ちを、汲み取ってあげられるのは親だけ。
だから他人に子どもの事を注意されると、ますます守ってあげなくてはと思ってしまうよ・・。
今でも覚えてるってことは、当時は相当な事件だったろうね、しっかり謝ったんだ!それを自分に言い聞かせる事なんて、大人でも難しいよ。
デリケートな子って、ますます増えてると思う。
デリケートな子ばかりに目が行ってしまう気持ちも分からなくないけど、娘はヒッピーのように、居心地の良い場所を求めて移動し続ける子になって欲しいよ。
顔は十分ジミーなんだけどね・・。

くろともさん
本当に素敵なコメントありがとうございます。とってもとっても、ためになりました。更に、気も落ち着いたんです。ありがとうございます。
正義を教える、我慢を学ぶ。
そして貸して、の表現を教える。
根気勝負ですが、頑張りたいです。離れて過ごす分、正しい事をしっかり教えなくてはならないですね。あぁ、凄く腑に落ちました。
そして何があっても味方だという事も、根気よく伝えようと思います!
本当にありがとうございました!
また色々コメントして下さい。

トモさん
そう、やっぱり自分で聞きに行くべきだったと思いました。先生と正直に話す事が大事ですね。せっかく隠さず伝えてくれたのだから、私もちゃんと最後まで、伝言でなく聞くようにしたいと思います!
今日は久々のお迎え係なので、色々お話聞こうと思います。
子どもだし、仕方ないけど、いつか分かっておくれ!と願いを込めて接したいと思いますw。
長いだろうなぁ~!

アユゲさん
きのこー!
最近だと、ポーズをまねて来ませんか?写真を撮る時毎回変なポーズを教えてますが、割と再現性が高いw!!
教えがいがある!
きのこも是非、伝授して下さい。可愛くてもだえますw。

ハルさんもいつか集団生活ですよね。あぁ、人の子ながら楽しみだぁw。
私はオロオロしてしまう駄目母親ですが、アユゲさん見習ってドドーンと行きたい、いや、行くぞー!

yasucon | URL | 2010/02/24/Wed 10:51 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

© こども道. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。